marie des arts

ARTICLE PAGE

「花たちと話す方法」

les fleurs
  • comment0
  • trackback0
ID:ql5bdi



札幌のパリスタイルの
フラワーレッスン 
フラワーデザイン 


marie des arts マリーデザール
です。







お盆が過ぎ、
秋の気配を感じ始めた
札幌です。



夏を名残惜しみつつ
詩をシェアさせて
くださいね。















「花たちと話す方法」


沸きたつ白い雲がひろがる
真夏の、真昼の静けさのなかに、
明るい魂のように、陽炎がゆれている。
そのとき、タチアオイに話しかけられた。
それが最初で、次の日は、
ジキタリスに話しかけられた。
その翌日には槿(むくげ)に、翌々日には
泰山木に、百日紅(さるすべり)に、話しかけられた。
少女たちのような日々草にも。
そのまた次の日には、サルビアに、
夾竹桃に、グラジオラスに話しかけられた。
炎天下に、そのたびに、立ちどまって、
夏の花たちの前で、黙って見つめた。
見る。ただそれだけだ。
花を見ることは、花たちと話すことだった。
そのようにして、花たちと話す方法を、
年々、夏の花たちに、
わたしは、教わってきた。
徒らにことばで語ってはいけないのだ。
花たちのように、みずからの
在り方によって語るのだ。
夏が巡りくるたびに、
真夏の静けさのなかを歩き、
語りかけてくる夏の花たちを捜す。
タチアオイ。ジキタリス。槿。
泰山木。百日紅。日々草。
サルビア。夾竹桃。グラジオラス。
花たちではないだろうか。
人ではない。わたしたちが
歴史とよんできた風景の主人公は。


ー 長田 弘










mちゃん、いつもありがとう(*^_^*)




よろしければ、クリックをお願いします♪



にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村



***************


9月のレッスンはこちら→


レッスンメニューやアクセスについては
下記 のレッスンメニュー、アクセスの文字を
クリックして下さい。



**************


8月のグループレッスンはお休みになります。
プライベートレッスン・セミプライベートレッスン、
プロコース、ギフトフラワーは承ります。
休業明け 8/16から順番にご返事させていただきます。


******************














それぞれ文字をクリックして下さい




レッスンメニュー

アクセス

プロフィール

コンセプト

◇Instagram @marie.miki





tel 050-5587-5036


お問い合わせメールフォーム




マリーデザール 上野美樹






*お問い合わせいただいたメールには
2日以内にお返事を差し上げています。

2日経っても返事が届かない場合は
お手数ですが
再度ご連絡をいただけますよう
お願い致します。

また、fleurs@mariedesarts.jp を
受信可能に設定いただけますと幸いです。

























Comments 0

Leave a reply

レスプリ・ド・フィーユとブラックベリーのコンポジション
PREV
NEXT
クリームイヴピアッツェ...房すぐり..スイートピーブルーフレグランス...~世界はうつくしいと